ブルーベリー以外の目に良い食品やサプリメント



ブルーベリー以外の目に良い食品やサプリメントを教えてください。

ブルーベリー以外の目に良い食品やサプリメントを教えてください。

◆カシスは、どうですか?
ポリフェノールが豊富でブルーベリーを数倍にしのぐ成分を豊富に含んでいます。
◆ルテインは
あまり知られていない栄養素ですが、緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイド色素の一種です。
◆目の網膜にはロドプシンという紫色の色素があります。
その色素の働きで物が見えるのです。
目の使いすぎや加齢によってロドプシンが減ってきますアントシアニンの効能ですが、抗酸化作用、視力回復効果、美肌効果
◆北欧産ビルベリー(アントシアニン)は
ブルーベリーより14倍以上のアントシアニン有効濃度を持っています。
◆黒豆の煮汁にも、アントシアニンがあります。
◆さつまいもの皮にも、アントシアニンがふくまれています。
◆このような方に
車の運転をよくされる方
パソコン、TVをよく見る方の目の疲れに
適しています。



八目鰻、非加熱の人参とか、目に良いらしい。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


目薬の木茶、ビタミンA(βーカロチン)、
など。。。。。。。。。。。。。。

ルテイン。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

DHAやカロチンも目にいいですよ・・・・・・・・・

肩こりが酷いのですが、1番効くものって何ですか?ちなみに、湿布類は色々使って...

肩こりが酷いのですが、1番効くものって何ですか?

ちなみに、湿布類は色々使ってみましたが、あまり効きませんでした。
枕も高いものに変えましたが、コレも効かず。
首を動かす度に首筋が痛くなってきてます。
末期でしょうか?!(笑


肩こりの大部分は筋肉疲労や血行不良によるもので、日常生活の問題点を改善することによって症状を軽減できます。ただし、こりだけでなく強い痛みやしびれを伴うような場合には、何か他の病気が原因になっていることがあるので注意が必要です。

肩こりというのは通常、肩の筋肉が緊張した状態を指しますが、明確な定義はなく、首から肩にかけての違和感、重苦しさ、鈍い痛みなど、人によって症状は異なります。

首から肩にかけては、重い頭や腕を支えるために大小多くの筋肉が集まっている部位です。筋肉が活動するには酸素と栄養が必要です。筋肉にはポンプ作用があって、緊張と弛緩を繰り返すことによって血液の循環を助ける仕組みになっています。弛緩したときには酸素や栄養を含んだ血液を取り込み、緊張したときには老廃物を送り出しているのです。
 ところが、緊張状態が長時間続くと血行が悪くなって乳酸などの老廃物がたまり、それが刺激となって筋肉の細胞から発痛物質が出て神経を刺激し、こりや痛みが起こるようになります。これが肩こりです。

 筋肉が弱い、姿勢が悪い、あるいは慣れない力仕事をして筋肉を使い過ぎたなどといったことが原因で起こるケースが多いですが、精神的なストレスも肩こりの要因になりますし、骨や関節の異常、内科的疾患などによって肩こりが生じる場合もあります。

 筋肉の緊張によって起こる単なる肩こりであれば心配ありませんが、強い痛みやしびれ、頭痛やめまいなどを伴う場合には、何か他に病気があってその一症状として肩こりが起きている可能性がありますから、一度専門医を受診するほうが安心です。

 肩こりは日常生活の中に原因があることが多いものです。問題点がないかどうかチェックし、それを改善することが肩こりの解消や予防につながります。

■よい姿勢を保つ

■机とイスの高さを 適正に

■自分に合った寝具を

■左右の肩を均等に使う

■軽くて暖かい服装に

■生活の中にスポーツを

 運動は血行をよくして肩こりを解消するだけでなく、筋肉を鍛えて肩こりを防ぐ効果もあります。運動の種類は何でもかまいません。習慣づけることが大切なので、ウォーキングなど無理なくできるものを選びましょう。
 肩を上げ下げする、肩を回す、腕を上げ下げするなど、肩こりを解消する体操を行うのもよい方法です。仕事の合間などにこまめにやるようにしましょう。首を前後左右に倒す、首を回すといった体操も効果がありますが、頸椎に問題がある場合にはかえって悪化させてしまう恐れがありますから、首を動かしたときに痛みやしびれが出るような場合はやめたほうが無難です。

家庭療法の基本は温めること

 肩こりは筋肉の緊張と血行不良が起きている状態ですから、温めることで緊張をほぐし、血液循環を促します。温めるにはおふろがいちばんですが、蒸しタオルや使い捨てカイロを使ってもよいでしょう。
 ただし、炎症が起きているような急性の痛みの場合には冷やします。筋違いを起こして突然痛みが出たようなケースです。冷やすのは長くても2〜3日で、その後はやはり温めるようにします。
 マッサージや指圧も効果があります。強くすれば効くというわけではなく、刺激が強過ぎると筋肉を痛めてしまいますから、家庭で行なう場合は、気持ちがよいくらいを目安にしてください。

 整形外科で最もよく行われるのは極超短波や赤外線、ホットパックを使った温熱療法です。こりや痛みがひどい場合には筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などで痛みをやわらげます。頸椎に異常がある場合には牽引療法や神経ブロック療法が効果があることがあります。骨が変形して神経を圧迫しているようなケースでは手術が行われることもあります。

 昔から肩こりには漢方薬、鍼灸、指圧などの東洋医学的な治療が有効とされています。効果に個人差があるので一概にはいえませんが、症状が改善するケースがしばしばみられます。前述のように肩こりの原因は多様で、検査をしても原因がはっきりしないことが少なくありません。治療を要するような異常が認められないにもかかわらず、頑固な肩こりに悩まされている人は東洋医学的な治療を受けることをお勧めします。

肩こりの主な原因
◎筋肉の発達不良、悪い姿勢
◎筋肉の使い過ぎ
◎骨や関節の異常
 変形性頸椎症、頸椎椎間板症、頸椎椎間板ヘルニア、
 むち打ち症(頸椎捻挫)、五十肩(肩関節周囲炎)など
◎内科的疾患
 高血圧、低血圧、胆石、胆のう炎、狭心症、貧血など
◎精神神経疾患
 ノイローゼ、自律神経失調症、
 うつ病など
◎眼科的疾患
 視力障害、眼鏡の不適合、
 眼精疲労など
◎耳鼻咽喉科的疾患
 慢性扁桃炎、慢性副鼻腔炎など
◎歯科的疾患
 虫歯、歯周病、交合不全など



私は、整体にいって、体全体のゆがみを矯正してもらったけっか、肩こりから開放されました。
効果は、人それぞれですが、試してみる価値はあると思います。

エレキばん?(磁石のやつ)はいいですよ。

また、肩を温めてください。
そして天井を見ながら寝てください。
その状態で片方づつ肩を揉んでください(右手で左肩、左手で右肩)。
してくれる人がいるならしてもらってください。

天井を向いて寝ているときが一番肩の筋肉をリラックスさせます。


外に出る時間があるなら、バケツに少量の水(底から5cmぐらい)を入れて
大きく肩を回してください。前回り、後ろ回り各20回。余裕があるならもっと。

血行を良くして凝りをほぐす効果があります。

肩こりの原因には、様々な原因が考えられます。

一、同じ姿勢を取りながら、仕事や勉強でパソコンを使用している。

一、歯並びが悪く、噛み合わせが悪いため、それがかなり影響を及ぼしている。

一、背骨が曲がっている。

一、視力の悪さが、肩こりの原因となっている。

一、日常生活において、不規則な生活を送り、体調に支障をきたしている。

一、栄養バランスが悪い食べ物ばかりを、好んで食したり、食べ物の好き嫌いが激しい。

一、運動不足。

一、寒さや血行不良で、血の巡りが悪くなっているため、それが肩こりに影響している。

等々、まだまだ色んな原因が考えられますが、その原因によって、その対処法も異なってくるでしょう。
自分の胸に手をあてて考えれば、思い当たる節があるのではないでしょうか?原因がわかれば、私ごときが説明せずとも、賢明な質問者様なら、もうその対処法も良くお分かりのことでしょう・・・・・。

失礼致しました・・・・・・。

肩こりは、軽視されがちですが、肩だけでなく、首筋も背中も同時に苦しくなることが多くみられます。
原因はさまざまで、肩や首の筋肉は身体のあらゆる部分の疾患によって緊張しやすく、胃腸、肺、肝臓、眼、鼻、耳、歯などに異常をきたしていたり、血圧が高い場合も肩こりはおこります。長く続く場合は病気の場合も考えられますので、医師の診断を受けた方が良いでしょう。
病的な原因のない肩こりは、筋肉が緊張して収縮し、血行を悪くさせておこります。また、生活の中でのストレスが神経に作用して血行を悪くしてしまう場合もありますので、気分転換をはかり、適度な運動、入浴などで血行を良くするよう、心がけましょう。
また、バランスの取れた食事、十分な睡眠で肩こりは緩和されます。
効果的な食材
あじ、あずき、葛根、さけ、さば、ほたて貝柱、みそ、納豆、黒酢、緑茶
オニオンサラダなどです。

脊椎健康コンサルタントです。
肩こりの原因はいろいろなところから生じますが、頚椎脊椎管狭窄症によっても生じます。
まず、高い枕は良くありません。頚椎に無理が加わります。まず、お湯に入って筋肉を和らげ、後はマッサージと頚椎にいい運動と頚椎筋肉強化運動をするとたぶん改善があると思います。
無理せずに正しい姿勢を維持しながら散歩もいいです。
しかし、どうしても肩こりが長く続けば脊椎専門クリニックか、整形外科へ行って専門医からの診察が必要です。
放射線写真(CT、X-ray)を撮りますとその原因が分かるはずです。
私は韓国で全世界の椎間板ヘルニアをはじめ、脊椎疾患(頚椎、腰椎)の患者さんを治療しています。その経験に基づいてホームページを運営しています。
中にはヘルニアをはじめ脊椎疾患の治療法と情報、質問、1:1医療相談を運営しています。
頚椎にいい運動は「お知らせ」ページへ行けば無料でダウンロードできます。


気になっていることがあります。星を見ると視力が上がると聞いたものでたまに夜空...

気になっていることがあります。星を見ると視力が上がると聞いたものでたまに夜空を見ているのですが、ある星に焦点を合わせ凝視するとその星がだんだん暗く見えにくくなっていき最後に見えなくなってしまいます。しかし少し横に焦点をずらすとその星が視界の端っこのほうで明るく輝いているのが見えるのです。端っこで輝いている星に焦点を合わせるとまた暗く見えなくなっていきます。

この現象はどういった原理でなっているのでしょうか?

目の中には、2種類の神経があります。
1つは、光の強さはよく感じるけど、色は分からない部分。
もう1つは、色は良く感じるけど、光の強さはよく分からない部分。
そして、焦点に当たる部分には、2番目の神経が集中しています。
そのため、凝視すると光の強さの分からない部分に集中することになるので、見えにくくなるのです。

私も高校時代に習ったことなので、ちゃんとした用語は忘れましたが、原理はこういうことです。



目の構造上、斜めに星を見たほうが良く見えると聞いたことがあります。

詳しくは眼科の先生に聞いてみないとわかりません。

眼科の視力検査で、赤と緑の二重丸のどちらがはっきり見えるか聞かれる事あります...

眼科の視力検査で、赤と緑の二重丸のどちらがはっきり見えるか聞かれる事ありますよね?あれは何の検査なんですか??

それはレンズの度数を赤と緑の光を使って微調整する、
レッドグリーンテストと呼ばれるものです。

赤の光は波長が長く、目の奥まで届き、緑の光は短いため手前までしか届きません。
その色が届く距離のずれを利用したテストです。

正常な人の場合は、赤・緑のどちらともがはっきり見えます。
それに比べ近視の人は赤がはっきりと見え、遠視の人は緑がはっきりと見えます。

近視の人は、矯正前や度が弱いと赤がはっきり見えますが、
適切な度になると両方同じように見え、度が強くなると緑がはっきり見えるようになります。
(近くを見る時を考えて赤がはっきり見える状態で止めることもあります。)

逆に、遠視の人は、矯正前や度が弱いと緑がはっきり見え、
適切な度になるとちょうど同じぐらい、度が強くなると赤がはっきり見えます。
遠視の場合も、ちょうど同じくらいか、赤がはっきり見えるように調節するのが望ましいです。

乱視の検査だったと思います。

乱視の検査です。
どちらも同じように見えればOKです。

乱視の検査&色弱(色の識別)の検査だと思いますよ〜(^o^)

小学生以下の子供が一旦視力が0.1くらいにまで落ちると、その落ちた視力を1.0くら...

小学生以下の子供が一旦視力が0.1くらいにまで落ちると、その落ちた視力を1.0くらいまで戻すのは難しいですか?

お近くに小児保健医療総合センターのような国公立が運営する病院はありませんか。あるいは、視能訓練士の居る眼科を受診されることをお勧めします。

市役所や保健所、又は医師会にお問い合わせになれば教えてもらえると思います。

乳幼児の正確な視力診断は専門病院でないと難しいようです(1歳前から乱視遠視等の異常を見つけてもらえます) 異常があれば、早期から眼鏡による矯正の指示や視力を回復させる為の訓練(治療)が始まります。

もし仮性近視なら(実際私が小学低額年時経験したことですが)医師の指示で次のことを守り、定期的に受診して視力が1.5以上に回復しましたので参考までに。

・近くでテレビを見ない(3メートル以上離れる)

・30分何かに熱中したら、10分間(実際はもっと短い時間でした)できるだけ遠くの物を注視する(細部まで見ようと意識して)この際緑はとても目に良いとのこと。

いずにしても早期の正確な診断が初めの一歩です。

小さい頃からめ雅悪いとよほどの努力をしないと難しいんじゃないでしょうか?
かといって、どういう努力をすればいいのかは???ですが。
私も小学2年に初眼鏡で、視力は未だに治りません。左0.2、右1.0のがちゃ目ですし・・・。
最近、視力回復センターみたいな場所が結構ありますよね。本当でしたら眼科の先生から、いいセンターを紹介してもらうのがいいと思いますが・・・。あとは、自然の中で遠くをずーっと見せるといいらしいですよ。

実際にあった話なんですが、
目の悪い男の子が不良をして少年院に入ることになったんだけど
少年院では何もすることなくて、毎日部屋の窓から遠くの木々や緑を眺めていたら
そのうち葉っぱの向きまで見えるようになって
退所するときには視力が2.0以上になっていたとか。
少年院もまんざらではなかった・・・という嘘の様な本当の話があるのです。

しばし、喧騒を離れて、ぼけーっと自然を眺める時間が大事なのかもしれません。
なかなか実行できませんけどね。

小学生以下だと、遠視とか乱視ですか?
近視でそこまで落ちるのは、あまり聞いた事がないのですが、遠視や乱視だと落ちるというよりもともとその視力だったのでは?
近視の事はよく分かりませんが、
視力は6歳〜8歳くらいに完成すると言われています。
遠視や乱視の視力を上げるには眼鏡での矯正しかありません。
眼鏡で正しい映像を脳にインプットさせるのです。
どこまであがるかは個人差ですね。
0.1が1.0までは厳しいかも。
でも矯正の眼鏡は早ければ早いほど効果があるので、どこまであがるかは未知数。
ただ、遠視や乱視を放っておくと、弱視になります。
視力が完成した後では、いくら眼鏡をかけても視力が出ません。
眼科でよりよい視力UPの方法を相談した方がいいと思います。

ひどい肩こりからくる耐えがたい頭痛

ひどい肩こりからくる耐えがたい頭痛

元々そうなのですが、特に疲れやストレスが溜まると肩がコチコチにこり、物凄い頭痛を引き起こします。どうしても我慢できないときは整骨院でマッサージしてもらいますが、随分こってますねぇとか首が長くて周辺の筋肉が無いのが原因ではといわれます。長い間苦しめられ、いい加減開放されたいので、先ずどこの病院の科を受診したらいいのか、何が有効な手段を相談するところがあれば教えてください。よろしくお願いします。

肩こりの大部分は筋肉疲労や血行不良によるもので、日常生活の問題点を改善することによって症状を軽減できます。ただし、こりだけでなく強い痛みやしびれを伴うような場合には、何か他の病気が原因になっていることがあるので注意が必要です。

肩こりというのは通常、肩の筋肉が緊張した状態を指しますが、明確な定義はなく、首から肩にかけての違和感、重苦しさ、鈍い痛みなど、人によって症状は異なります。

首から肩にかけては、重い頭や腕を支えるために大小多くの筋肉が集まっている部位です。筋肉が活動するには酸素と栄養が必要です。筋肉にはポンプ作用があって、緊張と弛緩を繰り返すことによって血液の循環を助ける仕組みになっています。弛緩したときには酸素や栄養を含んだ血液を取り込み、緊張したときには老廃物を送り出しているのです。
 ところが、緊張状態が長時間続くと血行が悪くなって乳酸などの老廃物がたまり、それが刺激となって筋肉の細胞から発痛物質が出て神経を刺激し、こりや痛みが起こるようになります。これが肩こりです。

 筋肉が弱い、姿勢が悪い、あるいは慣れない力仕事をして筋肉を使い過ぎたなどといったことが原因で起こるケースが多いですが、精神的なストレスも肩こりの要因になりますし、骨や関節の異常、内科的疾患などによって肩こりが生じる場合もあります。

 筋肉の緊張によって起こる単なる肩こりであれば心配ありませんが、強い痛みやしびれ、頭痛やめまいなどを伴う場合には、何か他に病気があってその一症状として肩こりが起きている可能性がありますから、一度専門医を受診するほうが安心です。

 肩こりは日常生活の中に原因があることが多いものです。問題点がないかどうかチェックし、それを改善することが肩こりの解消や予防につながります。

■よい姿勢を保つ

■机とイスの高さを 適正に

■自分に合った寝具を

■左右の肩を均等に使う

■軽くて暖かい服装に

■生活の中にスポーツを

 運動は血行をよくして肩こりを解消するだけでなく、筋肉を鍛えて肩こりを防ぐ効果もあります。運動の種類は何でもかまいません。習慣づけることが大切なので、ウォーキングなど無理なくできるものを選びましょう。
 肩を上げ下げする、肩を回す、腕を上げ下げするなど、肩こりを解消する体操を行うのもよい方法です。仕事の合間などにこまめにやるようにしましょう。首を前後左右に倒す、首を回すといった体操も効果がありますが、頸椎に問題がある場合にはかえって悪化させてしまう恐れがありますから、首を動かしたときに痛みやしびれが出るような場合はやめたほうが無難です。

家庭療法の基本は温めること

 肩こりは筋肉の緊張と血行不良が起きている状態ですから、温めることで緊張をほぐし、血液循環を促します。温めるにはおふろがいちばんですが、蒸しタオルや使い捨てカイロを使ってもよいでしょう。
 ただし、炎症が起きているような急性の痛みの場合には冷やします。筋違いを起こして突然痛みが出たようなケースです。冷やすのは長くても2〜3日で、その後はやはり温めるようにします。
 マッサージや指圧も効果があります。強くすれば効くというわけではなく、刺激が強過ぎると筋肉を痛めてしまいますから、家庭で行なう場合は、気持ちがよいくらいを目安にしてください。

 整形外科で最もよく行われるのは極超短波や赤外線、ホットパックを使った温熱療法です。こりや痛みがひどい場合には筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などで痛みをやわらげます。頸椎に異常がある場合には牽引療法や神経ブロック療法が効果があることがあります。骨が変形して神経を圧迫しているようなケースでは手術が行われることもあります。

 昔から肩こりには漢方薬、鍼灸、指圧などの東洋医学的な治療が有効とされています。効果に個人差があるので一概にはいえませんが、症状が改善するケースがしばしばみられます。前述のように肩こりの原因は多様で、検査をしても原因がはっきりしないことが少なくありません。治療を要するような異常が認められないにもかかわらず、頑固な肩こりに悩まされている人は東洋医学的な治療を受けることをお勧めします。

肩こりの主な原因
◎筋肉の発達不良、悪い姿勢
◎筋肉の使い過ぎ
◎骨や関節の異常
 変形性頸椎症、頸椎椎間板症、頸椎椎間板ヘルニア、
 むち打ち症(頸椎捻挫)、五十肩(肩関節周囲炎)など
◎内科的疾患
 高血圧、低血圧、胆石、胆のう炎、狭心症、貧血など
◎精神神経疾患
 ノイローゼ、自律神経失調症、
 うつ病など
◎眼科的疾患
 視力障害、眼鏡の不適合、
 眼精疲労など
◎耳鼻咽喉科的疾患
 慢性扁桃炎、慢性副鼻腔炎など
◎歯科的疾患
 虫歯、歯周病、交合不全など

筋肉をつける事が、結局予防になると思います。
筋トレにより、身体動かすわけですから、血流もよくなるでしょう。
直すことより、ならない身体造りだと思いますよ。
がんばりましょう。幸運を祈ります。

肩こりは、僧帽筋の血流が阻害され、このため後頭神経を圧迫して痛みがでます。
受診するところは整形外科ですが、まずは、肩の周囲の運動により血流を促すのが一番です。
腕立て伏せを毎日10〜20回行うか、体操をお薦めします。

脊椎健康コンサルタントです。
私は脊椎に関する治療をしてきましたので、頚椎に関する疾患についてお話いたします。
まだ、あなた様の放射線写真(X-ray、CT)を見ていないのではっきりは言えませんが、硬性頚椎椎間板ヘルニア、頚椎部脊椎管狭窄症、退行性頚椎椎間板炎の中で一つである可能性もあります。ですので、接骨院ではなく、脊椎専門クリニックか、整形外科へ行って本格的な検査と診察を受けるのをお勧めします。
診断の結果、手術が必要な重症の頚椎疾患であれば、それにしたがって手術治療を受けてください。
そして、治療を受けようとしますと、必ず脊椎に関する治療を専門的にしている脊椎専門病院で少なくとも1000件以上の手術経験を持っている医者に診察を受けるのをお勧めします。
脊椎に関する診断はとても誤診が多いですので、この方法をお勧めします。
そして、最近は日本よりも韓国の方がヘルニアをはじめ脊椎に関する医療がとっても進んでいます。日本よりも治療費が安いし、いかなる難しい手術を受けても1週間以内には退院できてすぐ日常生活に戻れます。(日本は少なくとも3週間以上の入院が必要です)
詳しい情報は私のホームページで確認することができます。
私は今まで、数多くの頚椎(1600件以上)や腰椎(6000件以上)、胸椎患者を治療してきました。
それとその経験に基づいて自分のホームページを運営しています。
そのホームページには治療法や椎間板ヘルニアをはじめあらゆる脊椎疾患に関してもっと詳しい情報、1:1ヘルニア医療相談の窓口、質問を運営しています。


いつでも気軽く相談してください。

お大事に
P.S)もし、放射線撮影(X-ray、CT)をしますと私にも見せてください。方法は「医療相談」ページで医療相談を申し込むときファイルで添付できます。しかし、ただのフィルムでもらったら私に郵便で送ってください。
診察をして診断結果と治療法を無料で教えます。

歯の噛み合せはどうですか。

大方の肩こりは血行不良や凝り固まった筋肉から来るものですが、歯の噛み合せが悪いと肩こりが酷くなります。
マッサージをしてもらうと凝りがやわらぎますが、一時的なものです。
それならいっその事、針の方がよく効きますよ。

あとは、温かいお風呂にゆっくりと時間をかけて入るとか、目の疲労も伴って肩こりが起きますから、
ご自身で意識して肩こりの部分を揉んであげるだけでも違ってきます。
今、ドンドン叩く肩こり用のマッサージ機が(ハンドタイプ)がありますから、ご使用になれば随分と違います。
また、血行も良くされるといいですよ。

お薦めは、歯医者さんで噛み合せを治してもらう事と針に行かれる事です。

私も長年 同じような症状に悩まされました。整形でイロイロな治療を受け 眼科内科脳外科などイロイロ受診しましたし 針治療マッサージカイロプラクティックなども試しました。が一向によくなりませんでした。そんな時偶然目に止まったのは「脳脊髄液減少症」と言う病気の存在でした。
この病気はまだまだ診察診断をしてくれる病院が少ないです。検査の結果私はこの病気でした。主な症状は頭痛肩凝り頚部痛背部痛 目まい耳鳴などです。検索してみてください。可能性はあると思います。私は平行してストレッチ・スポーツジムでの首を支える筋肉の強化も行いました。これも効果ありました。痛みから解放される事を願ってます。お大事に。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。