角膜 (かくまく)



角膜 (かくまく) は、眼球の前面を覆う透明な膜である。





概要
直径は約12mm、厚さは中央部が約0.5mm、周辺部が約0.7mm。角膜には目に光を取り入れる窓の役割があるほか、光を屈折させて水晶体とともに目のピントを合わせる働きがある。また角膜表面は常に涙で覆われ、乾燥と眼球内部への細菌感染を防いでいる。

発生学的には、角膜は顔面の上皮に由来する。



組織学的構造
角膜は、体表側から順に、以下の5つの層からできている。角膜が透明なのは、これらの層の結合組織(主にコラーゲン)が規則正しく配列しているからである。

角膜上皮 一番外側(体表側)にある層で、重層扁平上皮からなる。再生可能。
ボーマン膜 (外境界膜)
固有層
デスメ膜 (内境界膜)
角膜内皮 一番内側(網膜側)にある層で、単層立方上皮からなる。再生力に乏しい。
角膜には血管が侵入せず、酸素や栄養分は涙や前眼房水から供給される。コンタクトレンズの酸素透過性が重要視されるのはこのためである。

角膜には、三叉神経の眼神経が分布しており、刺激を与えると目を閉じる瞬目反射が起こる。この反射は両側性で、片目だけ刺激しても両方の目を閉じてしまう。瞬目反射は、中枢神経系の働きを調べる点で、臨床的に重要である。



関連項目
アイバンク
角膜移植
コンタクトレンズ
レーシック
オルソケラトロジー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。