コンタクトレンズ(Contact lens)



コンタクトレンズ(Contact lens)は、角膜に接触(コンタクト)させて使用するレンズの形態をした器具である。








分類


性能、使用目的、効果等により次のように分類される。

視力補正用レンズ
近視、遠視、乱視などを補正するための医療機器である(クラスIIIに該当)。同じく視力補正のために用いられるもの眼鏡との最大の違いは、コンタクトレンズは角膜の上に直接乗せ接触させる点である。
色付きのレンズは、放射線を吸収又は反射により減衰させることを目的としている。再使用可能なものと単回使用のものがあり、後者はワンデーアキュビューなどの商品名で販売されている。材質によりハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに区別することができる。
日本における医療機器のクラス分類告示によれば、中分類名としての視力補正用レンズには下記の治療用コンタクトレンズ等も含まれるが、一般的名称(細分類)としての視力補正用レンズには、次のものがある。:*再使用可能な視力補正用色付コンタクトレンズ
再使用可能な視力補正用コンタクトレンズ
単回使用視力補正用コンタクトレンズ
単回使用視力補正用色付コンタクトレンズ
治療用コンタクトレンズ
眼病の治療の目的で使用するものである。眼の保護、前房の封鎖、薬剤の送達、角膜曲率の変更、または網膜の治療での使用を目的とする。医療機器(クラスIII(高度管理医療機器)である。
検査用コンタクトレンズ
特定の眼科疾患又は状態の診断を支援するために用いる、眼の前面に装着するコンタクトレンズである。再使用可能なものと再使用できないものとある。また、隅角鏡のように目の前房隅角の検査に用いるものも広義では検査用のコンタクトレンズである。薬事法上、クラスII(管理医療機器)にあたり、次の種類がある。
眼科手術用レーザーレンズ - 眼科手術用レーザとともに使用するレンズをいう。通常透明の物質で、眼球、眼窩又は周辺の皮膚の組織を凝固又は切断するために用いるレーザ光の治療部位へ導光するために用いられるものである。
単回使用検査用コンタクトレンズ - 特定の眼科疾患又は状態の診断を支援するために用いられるものである。
網膜電位計用角膜電極 - 網膜電位の測定時に電位信号を伝達するため、角膜表面または角膜近傍の粘膜に接触して使用する電極である。
コラーゲン使用眼防護具
角膜を保護するために眼にのせるコラーゲン製の角膜シールドで、これも日本の薬事法上コンタクトレンズに分類される。クラスIIIである。
カラーコンタクトレンズ
カラーコンタクトレンズは、他のコンタクトレンズが無色透明なものであるのに対し、色を付けられたコンタクトレンズをいう。視力補正を目的とせず、虹彩部分の見た目の色を変えるために用いられ、おしゃれ目的で使用されるものは、日本においては医療機器に該当しないため薬事法による規制の対象外であり、販売に規制はなく、法によって定められた名称は存在しない。国によっては、販売に規制があることがある。日本では一般にカラコン等と略される。


補正用コンタクトレンズ


特徴


長所
角膜とコンタクトレンズの間の距離がゼロに近いという特性により、眼鏡に比べて像のゆがみや大きさの変化が少ない。強度の屈折異常や左右の視力が大きく異なる場合には眼鏡での矯正が難しいことがある。個人差があり、相当な強度や左右差がある場合であっても、眼鏡で矯正できる者もいるが、頭痛や眼精疲労を伴うために長時間装用できない者も多い。このような場合はコンタクトレンズが好適である。また、角膜に直接装着するため、裸眼と変わらない広範囲の視界を得られる上に、レンズ自体が小さいことから度数が強くても厚さはほとんど変わらず、眼鏡のようにずり落ちたり結露でレンズが曇ったりするという煩わしさがない。他にも、眼鏡を装着した場合と比べて、容姿を変えることなく視力を矯正することができる、といった美容・美観上の利点を目的とする者もいる。



短所
コンタクトレンズは、機能の面で眼鏡よりも優れた点が多い反面、装用に伴う眼への負担が大きいので、手軽さに欠け、制限事項も多い。

洗浄や消毒を適切に行う (一部の使い捨てタイプを除く)、装用時間を守る、使用期限を守る、装用したまま眠らない (一部のタイプを除く)、自覚できる異常が無くても定期的に医師の検診を受けるなど、医師の指示を守って正しく使用することが何よりも重要である。

角膜には血管が無いため酸素の供給は涙液を通じて行なわれる。コンタクトレンズを装用した場合は涙液への酸素の透過が阻害されるため結果的に角膜へも酸素が供給されにくくなり角膜への負担になる。どんなに酸素透過性が高いレンズでもコンタクトレンズを装着しない状態よりは角膜への負担が大きい。

また、上記の問題を緩和するためには酸素透過性の高いレンズを使用する必要があるが、酸素透過性の高いレンズを作るには含水率を高める必要がある。ところが含水率が高いほど脂質やたんぱく質がレンズに沈着しやすく衛生面でのリスクが増す。酸素透過性が高くてかつ汚れの付着しにくいコンタクトレンズは実現が難しい。



ハードコンタクトレンズ
ハードコンタクトレンズは、視力補正用コンタクトレンズの一種である。従来ハードレンズと呼ばれていたのは、材料に PMMA (Polymethylmethacrylate, ポリメチルメタアクリレート) という硬質プラスチックを使ったものである。加工しやすく耐久性に優れるが、PMMA は酸素を全く通さないため、装用時間に限界があり、装用時の違和感が大きい。現在はほとんど使われていない。

現在ハードレンズとして広く使用されているのは、酸素透過性レンズ (O2レンズ、RGPレンズ) と呼ばれるものである (RGP は rigid gas permeable の略)。ソフトレンズと違って、装用中にも瞬きの度にレンズが動くことにより、涙が入れ替わって涙に含まれる酸素を取り入れることができるため、角膜に多くの酸素を供給することができる。取り扱いも容易である。また、レンズの寿命も比較的長い。

角膜に異常が起これば痛くて装用できなくなるため、角膜障害が重度になることが少ない。ただし、装着時の違和感はソフトレンズに比べて依然大きく、また激しい運動などの際にずれやすい。

ハードレンズはソフトコンタクトレンズに比べ単価が高い。



ソフトコンタクトレンズ

材料に PHEMA (ポリヒドロキシエチルメタアクリレート) あるいは PVP (ポリビニルピロリドン) というゲル状の合成高分子化合物を使った、水分を比較的多く含む含水性ソフトコンタクトレンズと、ブチルアクリレートとブチルメタクリレートの共重合体を使用した、水分を含まない非含水性ソフトコンタクトレンズとがある。

弾力性に富むので装着時の違和感が小さい反面、細菌が繁殖しやすい。 洗浄に加えて定期的な消毒が必要で、手入れが面倒である。


ソフトコンタクトレンズには1日、1週間などの使い捨てタイプ (ディスポーザブルタイプ)、2週間などの頻回交換型(リプレースメントタイプ)や、1ヶ月、3ヶ月などの定期交換型も存在する。

日本では一般的に使用後に破棄をする、と言うことから1日、1週間、2週間、1ヶ月、3ヶ月タイプのソフトレンズを総称して使い捨てレンズと呼んでいる。

安全性や装用感などの追求のため新素材として、シリコンハイドロゲル素材が注目を浴びているが、現在日本ではチバビジョンからO2オプティクスという名前で1ヶ月交換タイプのレンズ、ジョンソン・エンド・ジョンソンからアキュビューアドバンス、アキュビューオアシスという名前で2週間交換タイプのレンズが販売されている(2007年3月現在)。使い捨てレンズは汚れなどの面で従来型のソフトレンズに比べ劣る部分もあるため、正しい使用方法が求められる。

装用感はハードコンタクトレンズより優れているが、そのため角膜に障害が起きても自覚しにくく、重症になるまで放置してしまう結果になることがある。



治療用コンタクトレンズ




検査用コンタクトレンズ



歴史
1508年:レオナルド・ダ・ヴィンチが視力矯正器具としてのコンタクトレンズのアイデアを考案。但し、俗説であるとの意見もある。
1887年:オーゲン・フィックにより初のガラス製コンタクトレンズが作られる。
1932年:イギリス ICI 社により透明度の高いプラスチック PMMA が開発され、同年、アメリカのロームアンドハース社によって市場に導入される。
1936年:アメリカの Obrig と Muller が PMMA をレンズに使用できることを実証。
1937年:ウイリアム・フェインブルームによりガラスとプラスチックの半合成レンズが作られる。
1940年: Obrig により全プラスチックのレンズが作られる。
1948年:アメリカの Touhy が PMMA を用いてハードタイプのコンタクトレンズの原型を作り出す。
1949年:名古屋大学の水谷豊博士が日本で初めて臨床試験に着手。
1951年:水谷、円錐角膜患者に対し、臨床的に成功を収める。
1950年代:ソフトタイプのコンタクトレンズが登場。チェコスロバキア (当時) の オットー・ウィフテレ(Wichterle)が発明したアクリル系ハイドロゲルを使用。
1970年ごろ: RGP が登場。
1972年:国産初のソフトコンタクトレンズが発売される。
1988年:アメリカのFDAが使い捨てコンタクトレンズを認可。


製造方法
コンタクトレンズの製造方法にはいくつか種類があるが、使い捨てコンタクトレンズではキャストモールド製法が主流となっている。

キャストモールド製法(鋳型法)
スピンキャスト製法(遠心成型法)
レースカット製法(切削研磨法)
コンタクトレンズの素材原料はさほど高価なものではないが、製品化されるまでには研究開発費・安全性データを収集するための治験費用・医療機器認可の取得に係るデータ分析や申請費用・製造や品質管理のための設備投資など様々なコストがかかってくるため、最終的な製品の価格にはそれらが反映されることになる。



問題点
使用方法について
設計開発段階で、ISO14971等の規格に基づきリスクマネジメントは行われるが、コンタクトレンズは眼に接触することが引き起こすリスクは無にはならない。

診療報酬について
眼鏡で矯正できるのに美容上の目的でコンタクトレンズを使用する場合の検診に健康保険を適用することが保険財政の無駄遣いだとして問題視され、厚生労働省は2006年度から個別検査料の点数加算方式を改め、「コンタクトレンズ検査料」を新設した。初診は387点(コンタクトレンズ患者が70%以上占める診療所では193点)とし、何らかの疾病を伴なう再診は112点(同56点)となり、大幅な保険料削減策を取った。これにより、全額自己負担(自由診療化・保険外診療)とする診療所も出てきている。高額化した検診を嫌って検診を受けないままコンタクトレンズを使用する者が増加し、コンタクトレンズによる眼障害が増えることが予想されるとして反対する意見もある。(一方で2006年度より、乳幼児の弱視や先天性白内障手術後の治療用コンタクトレンズ(眼鏡も含む)に対しては保険適用されるようになった。詳しくは弱視の項目を参照のこと。

処方及び販売方法について
コンタクトレンズの処方は医療行為であって医師にしかできないが、コンタクトレンズ販売店において医師でない従業員等に診察や処方を行わせることはできないが、非医師でないものがこれらを行ったとして摘発されるケースが報道されている。[1]

他方、眼科診療所等医療機関においては薬事法、医療法の規制によってコンタクトレンズを販売できないが、眼科診療所等の開設または管理者である医師やその家族が販売店の建物や造作を設置したり資金提供をしたりして経営している例や、逆に販売店が眼科診療所を事実上経営している例がある。

前者の例では、コンタクトレンズを不当に安く販売して、その分を不必要なまたは架空の検査・診療による保険診療報酬で利益を得ている医師がいると問題視されている。また、眼科診療所にいる医師が眼科専門医でなく他科の医師の場合もあると言われる。[要出典]



製造販売元
日本コンタクトレンズ
サンコンタクトレンズ
メニコン
シード
チバビジョン
オフテクス
ボシュロム・ジャパン(Bausch&Lomb)
ジョンソン・エンド・ジョンソン
エイエムオー・ジャパン
HOYA
日本オプティカル
クラレ
旭化成アイミー
クーパービジョン
レインボーオプチカル
Innova Vision


業界団体
日本コンタクトレンズ協会


脚注
^
東京新聞2007年5月21日付夕刊。[1]


関連項目

眼鏡

ドライアイ
レーシック
オルソケラトロジー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。