視力矯正手術(レーシックやPRK・・など)




視力矯正手術(レーシックやPRK・・など)は、『オペ後、ずっと先の将来まで分...

視力矯正手術(レーシックやPRK・・など)は、
『オペ後、ずっと先の将来まで分からないが、
オペ後、仮に失敗しても近いうちに失明するような事は無い』とよく聞きますが、
どうして絶対無いと言い切れるのですか?
だって眼にメスを入れるのですよね?


レーシックで失明したという学会報告はこれまで一例もないそうです。



今後10年20年たってからそういう報告が出る可能性はないとはいえませんが、レーシック手術をして数年間の間に失明したという報告がないので、「仮に失敗しても近いうちに失明するような事は無い」といえるのではないでしょうか。
おそらく「絶対」という言葉は使っていないと思います。

それから、「失敗」というのは、レーシック手術をしても視力が回復できなかったことや、視力が低い状態に戻ってしまうことを指しているみたいですよ。


メスではなくレーザーですよ。

絶対ないと書いてあるところはないと思いますよ、
症例として数が少ないということです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。